2009年2月4日水曜日

仮想マシンのディスク

 今のところ、OS(C:ドライブ)は選択肢が無く、IDEドライブのみ。
 D:ドライブ以降はSCSIも選べる。

 性能差は無いらしい(要確認)が、パフォーマンスモニタからの見え方で違いが出る。

 IDEは、「Hyper-V Virtual IDE Controller」というカウンタになっていて仮想マシンごとに括られた値しかゲットできない。その仮想マシンに仮想CD-ROMやら複数台の仮想IDEディスクがぶら下がっていたとしても、1つのインスタンスに括られてしまう。

 対して、SCSIディスクであれば、ぶら下がっているディスクごとにインスタンスが作られる。
 う~ん「それならデフォルトをSCSIディスクにしてくれよぉ」とか思ってしまうが、MSにはなんらかの深い理由があるのだろう。たぶんな。

 でもどんな理由なんだ。。。知りたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿