2009年2月4日水曜日

hyper-v1 の仮想Diskと仮想NIC

hyper-v1(ver1の意味ね)では、仮想マシン上の仮想NICと仮想DiskへのIOは、VMBusを経由してrootパーティション上で実行される。

だから、仮想マシン上のNICとかDiskとかへのIOは、rootパーティション上のパフォーマンスモニタ上でも計測できる。

プロセッサ利用率とかは計測できないけど。そりゃrootパーティションとはいえhypervisor上で転がされているだけなので。

hyper-v2とかになったら、VMBusが使えるデバイスが、もっと増えそうですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿