2009年5月6日水曜日

BAMの理解に役立った書籍

BAMは、理系のクセに「そういえばコレ、昔やったなぁ~」ばかり・・・と情けない状態でして、先輩方からのウワサどおり苦労しました。

英語が苦手は私は、まず内容の理解を先行してみました。

使った書籍は「完全独習 統計学入門」、

です。

まず、科目が始まってから2週間目までは、教科書は無視して、この書籍の完全理解を試みました。
終わってからの感想ですが、標準偏差を深く理解することが、この科目を楽に乗り切る鍵だと思えました。
そういった意味で、この書籍は良書だと思います。

あとは、試験範囲の数学系専門用語(英語)を日本語に変換して、覚えました。
※試験おわったら、全部わすれちゃいましたけど(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿